• ホーム
  • 性病、反応性うつ病、無性病について

性病、反応性うつ病、無性病について

2019年10月16日

現代社会は、さまざまな精神疾患や、性病を患う人が増えています。
そのような病気には、どのような種類があるのでしょうか。

反応性うつ病

一般的に言われているうつ病は、対人関係のストレスなどから引き起こる、精神疾患です。
無気力になったり、つらい気持ちがずっと続きます。
反応性うつ病とは、「原因がはっきりしていること」で起きるうつ病のことをさします。

たとえば、恋人にふられたり、受験に失敗したり、大切な人がな亡くなったときなど、気分が落ち込み、つらい気持ちになることは誰にでもあることです。
しかし、それらは、時間の経過によって、徐々に乗り越えられて改善していくことが多いです。

しかし、なかなか改善されずにひきづっている状態が続くと、「反応性うつ病」として診断されます。
体に、著しく症状が出る事も特徴のひとつです。

性病

性病は、感染源から種類まで、さまざまなものがあります。
多くはパートナーとの性交渉等によって感染します。
原因ははっきりしていて、空気感染しないことが特徴です。
必ず誰かとの接触や、物を通じて感染します。
たとえば女性の場合、月経中に、その部分に細菌が入ることが多くあり、不潔なままの状態にしていて、病気へと感染する場合もあります。

無性病

無性病は、男性の生殖機能が失われる病気です。
簡単に言うと、精子が体のなかで作られなくなる病気です。
先天性のものから、違う病気を患ったときに免疫力が低下し、それによって引き起こされる後天性の場合もあります。
無性病は決して珍しい病気ではありません。

以上のように、現代には様々な病気がありますが、精神疾患に大切なことは、ストレスをためない、発散するすべを見つけることです。

また性病は、誰にでも起こりうる病です。
日ごろから、パートナーとの性交渉にはコンドームを使用することが大切です。

また、体に異変を感じたら、すぐに医者に行くようにしましょう。

関連記事
病名と原因病原体の関連性が深い性病

狭義での性病は梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽種の4つを示します。これらは性病予防法に規定されていたものですが、現在では他の種類の性行為感染症が増加しており、様々な病名のものが広まってきています。病名を列挙するだけでも数多く、性器ヘルペス、クラミジア性尿道炎、クラミジア性子宮頚管炎、尖圭コンジロ...

2019年11月13日
病期分類のことや性病が多い都道府県について

病期分類とは、がんの進み具合を示すものとなります。それではなぜ病期分類というものが必要なのかというと、それは進行具合によっても治療の方法が変わってくるものであり、がんの経過を観察するのに非常に重要なものとなるためです。がんはその進行具合によって治療法であったり、余命が変わってくるので病気分類というの...

2019年09月19日
テトラサイクリン系の薬は性病以外にも酒やけにも使用

テトラサイクリン系抗生物質は、抗菌薬の中でも広域スペクトルを有していることで、幅広い治療に用いられています。ブドウ球菌やグラム陽性・陰性菌、大腸菌などに適用し、性病であるクラミジアにも効くことから、クラミジア症の性病治療薬としても使われています。近年は耐性菌が増えてきたことから、使用頻度は下がってき...

2019年08月22日
高血圧症や性病の成人男性の健康リスクを渋谷区で相談

現代人の多くが、生活習慣病のリスクを潜在的に抱いています。慢性的な運動不足、社会構造が原因となるストレス、食生活の欧米化、その偏り等、現代特有の環境がメタボリックシンドロームや高血圧症を誘発しているのです。現実問題として高血圧症やメタボ、ストレス性胃腸炎などを完璧に防止する方法はありません。特に高血...

2019年08月07日
痒みを伴う成人に多い性病の特徴と治療法について

日本人の成人の中で増加傾向にある性病に、性器ヘルペスがあります。ヘルペスは口唇以外にもできる可能性がある感染症で、性器付近にできたときには性器ヘルペスを疑う必要があります。ヘルペスは再発しやすく、水ぶくれや軽い痒みを伴う症状が特徴となります。性器やお尻に痒みを感じるときには、医療機関を受診して調べて...

2019年07月11日
性病になったら何科を受診すればいい?

性行為などを行ってしばらくした後で、性器やその周辺に痛みやかゆみがあった場合、 男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科で基本的には診察を受けることができます。一方、性器の痛みなどの症状が出ていない段階で一応性病検査を受けてみたといった場合も同様です。 大学病院などの大きな病院ならば、泌尿器科や婦人...

2019年06月23日
性病を放置してはいけない理由

現在では、性病に感染している日本人は100万人を超えています。だが、その中には、自分が性病に感染していることに気づいていない方は多いはずです。症状があまり現れない性病もあるからです。主な症状としては、性行為を行った数日後に、性器の痒みや痛みが生じます。だが、このような症状があっても、病院へ行くことに...

2019年06月13日