• ホーム
  • 高血圧症や性病の成人男性の健康リスクを渋谷区で相談

高血圧症や性病の成人男性の健康リスクを渋谷区で相談

2019年08月07日
葉と黄色のカプセル

現代人の多くが、生活習慣病のリスクを潜在的に抱いています。
慢性的な運動不足、社会構造が原因となるストレス、食生活の欧米化、その偏り等、現代特有の環境がメタボリックシンドロームや高血圧症を誘発しているのです。
現実問題として高血圧症やメタボ、ストレス性胃腸炎などを完璧に防止する方法はありません。
特に高血圧症は既に大勢の男性が抱える国民病です。
ただ国民病であるにも関わらず、原因が特定されているのが難点になります。

遺伝的な要因を指摘する専門家もいれば、人間関係のストレス、塩分や糖分の過剰な摂取、肥満体型が高血圧症を起こすとの意見もあります。
男性の場合、20代以降から血圧の値は徐々に高まっていきます。
自覚症状が出ない高血圧症も多く、病院で診察を受けて初めて発覚するパターンも多いのです。

ただ、高血圧症自体は個人の身体的特徴であり、それが重病に直結する問題とは言い切れません。
高血圧症を軽んじてはいけませんが、成人男性の健康においては、それよりも性病のリスクの方が大きいです。
HIV感染や淋病、クラミジア感染症などの性病は依然として減少していません。

渋谷のクリニックでは性病全般に関する相談が可能ですので、セックスをした後、一週間の間に違和感を覚えた方は、速やかにカウンセリングを受けましょう。
渋谷界隈は遊び場が多く、男性を誘惑する出会いや盛り場も多いのが実情です。
性病の原因は非常にハッキリしており、セックスまたはアナルセックス、フェラチオ、クンニリングス等が該当します。
女性からの手淫、キスは性的な行為ですが、性病感染のリスクは低く、注意したいのは、やはり性器を女性の身体に挿入するセックス類似行為です。
渋谷区では若者が気軽に扉を叩きやすいクリニックがありますので、親や友達に内緒にした上で、こっそりカウンセリングが受けられます。

関連記事
性病、反応性うつ病、無性病について

現代社会は、さまざまな精神疾患や、性病を患う人が増えています。そのような病気には、どのような種類があるのでしょうか。反応性うつ病一般的に言われているうつ病は、対人関係のストレスなどから引き起こる、精神疾患です。無気力になったり、つらい気持ちがずっと続きます。反応性うつ病とは、「原因がはっきりしている...

2019年10月16日
病期分類のことや性病が多い都道府県について

病期分類とは、がんの進み具合を示すものとなります。それではなぜ病期分類というものが必要なのかというと、それは進行具合によっても治療の方法が変わってくるものであり、がんの経過を観察するのに非常に重要なものとなるためです。がんはその進行具合によって治療法であったり、余命が変わってくるので病気分類というの...

2019年09月19日
テトラサイクリン系の薬は性病以外にも酒やけにも使用

テトラサイクリン系抗生物質は、抗菌薬の中でも広域スペクトルを有していることで、幅広い治療に用いられています。ブドウ球菌やグラム陽性・陰性菌、大腸菌などに適用し、性病であるクラミジアにも効くことから、クラミジア症の性病治療薬としても使われています。近年は耐性菌が増えてきたことから、使用頻度は下がってき...

2019年08月22日
痒みを伴う成人に多い性病の特徴と治療法について

日本人の成人の中で増加傾向にある性病に、性器ヘルペスがあります。ヘルペスは口唇以外にもできる可能性がある感染症で、性器付近にできたときには性器ヘルペスを疑う必要があります。ヘルペスは再発しやすく、水ぶくれや軽い痒みを伴う症状が特徴となります。性器やお尻に痒みを感じるときには、医療機関を受診して調べて...

2019年07月11日
性病になったら何科を受診すればいい?

性行為などを行ってしばらくした後で、性器やその周辺に痛みやかゆみがあった場合、 男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科で基本的には診察を受けることができます。一方、性器の痛みなどの症状が出ていない段階で一応性病検査を受けてみたといった場合も同様です。 大学病院などの大きな病院ならば、泌尿器科や婦人...

2019年06月23日
性病を放置してはいけない理由

現在では、性病に感染している日本人は100万人を超えています。だが、その中には、自分が性病に感染していることに気づいていない方は多いはずです。症状があまり現れない性病もあるからです。主な症状としては、性行為を行った数日後に、性器の痒みや痛みが生じます。だが、このような症状があっても、病院へ行くことに...

2019年06月13日